「和洋コラボ」は、現代の暮らしの重要キーワード

2015年1月16日

 きょう、1月16日は「囲炉裏の日」。「い(1)い(1)炉(6)」の語呂合わせから、温もりを感じながら団らんを楽しむ日にしよう、と制定された記念日です。今、おうちに囲炉裏がある人は少ないかもしれませんが、温かくしたお部屋で、畳の上でくつろぎながら、おやつや食事を楽しむ時間も良いですね。

 おやつといえば、人気アイスクリームメーカーのハーゲンダッツ社から、近々、新たな味わいのアイスクリームが発売されるということで話題を集めています。それはなんと、お餅の入ったアイス。お餅のアイスといえば「雪見だいふく」を思い浮かべる人も多いと思いますが、このたび発売されるハーゲンダッツ社のものは、カップアイスの上にお餅の生地がトッピングされている、というものだそう。きな粉や黒蜜、みたらしソースや胡桃など、まるで和菓子を思わせるような食材を使用し、「和」にこだわった味わいを楽しめる商品になっているそうです。

 ハーゲンダッツ社に限らず、最近はあちこちで「和と洋のコラボスイーツ」が発売されています。例えば、コンビニのレジ横などで見かける「チロルチョコ」。これまで「きなこもち味」という人気フレーバーがあり、1月19日にはその姉妹品として「さくらもち味」が発売されます。また、もうすぐバレンタインシーズンということで、百貨店やショッピングモールのチョコレート売り場が賑わう時期を迎えますが、ここでもやはり、あんことチョコレートを組み合わせた和洋コラボスイーツなどを取り扱うお店が出てきているそうですよ。「和洋コラボ」の味わいがこれだけ人気になってきているということは、きっとそのおいしさのファンも多いはず。まだ体験したことがない方は、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。

 現代の私たちの暮らしの中で、「和と洋のコラボ」は食に限らず、住まいにとっても重要なテーマではないでしょうか。例えばリビングやダイニングでは、畳の上に正座やあぐらで過ごすより、椅子ソファに座る場面も多いはず。寝室では、畳の上へ直にお布団を敷いて眠るより、ベッドで眠っている人も多いことでしょう。そんなライフスタイルの変化に合わせて、DAIKENでは和洋折衷のモダンなお部屋にもマッチする「カラー畳」をご提案させていただいております。ピンク、ブラック、ネイビーなど、斬新な色合いでお部屋の雰囲気もガラリと変わりますよ。ぜひ一度、ご覧くださいませ。