畳替え商品15%OFF!SUMMER SALE2018『日本の夏は、畳で涼を♪』
お部屋の広さで畳を選ぶ
  • 4.5畳
  • 6畳
  • 8畳
  • 4.5畳
  • 6畳
  • 8畳
  • 4.5畳
  • 6畳
  • 8畳
畳関連商品
  • ユニット畳
  • 寝ゴザ
  • 畳ベッド
お電話でのお問い合わせ、ご注文・畳替えのご相談は 0120-11-8428 土日祝も受付中
詐欺サイトにご注意ください
 

2018年カレンダー

  • 土曜日

    発送業務は休業となります。

  • 日曜日・祝日

    畳交換作業、発送業務は休業となります。

お電話でのご注文・お問い合わせ

土日祝日もお電話でのご注文、お問い合わせを受け付けております。

お電話でのお問い合わせはこちら

※年末年始・お盆休みは別途休暇をいただいています。

メールでのご注文・お問い合わせ

24時間受付しております。
1〜2営業日内でのご返信となります。

メールでのお問い合わせはこちらから

 

空き家問題解決?純和風の古民家暮らしが人気

2015年1月28日

 つい先日、インターネット上のニュース記事で「日本国内で、空き家がどんどん増え続けている」というものを読みました。いま、日本全国の住宅のうち、1割以上が空き家になっていて、その数は年々、増えていっているんだそうです。なんと15年後には、全住宅の4分の1が空き家になる、という予想も出ているほど。その背景には、高齢化や、地方の過疎化、核家族化といった問題があるそうです。例えば若い親族が都市部にいたとしても、税金や維持管理費用といった金銭面の理由もあって、地方にある実家が管理されずに放置されてしまうことに。その結果、数多くの空き家が生まれている、ということのようです。

 そんな中、「古民家に住みたい方」と「古民家を譲りたい方」をマッチングする、古民家専門の情報サイトなども登場しています。そのひとつが「古民家住まいる」というサイト。先日、テレビ番組「ニッポンのベテラン」でも紹介されて、いま注目度が高まっているんですよ。全国各地の「古民家物件」情報だけでなく、古民家暮らしを求めて新たな土地へ移住した人たちの体験記なども読むことができます。

 最近では、こういった「古民家」にこだわって物件探しをしている人も増えているようです。昔ながらの落ち着いた雰囲気の日本家屋で暮らしたいと、若い夫婦から、ご年配の方まで実にさまざま。そういったブームを受けて「古民家鑑定士」という、物件探しのアドバイスをする公的資格も登場しています。また、2015年中には「空き家相談士」「空き家管理士」という新たな資格が創設される、というニュースも。今や日本では「空き家問題」を早急に解決することが求められている状況ですから、資格を持った人が適切なアドバイスで住まいを求めている人に物件を紹介し、大家さんも満足、というマッチングが進んでいくと良いですよね。

 古民家といえば純和風建築ですが、そんなおうちに欠かせないのが「畳」です。古民家にお住まいでない方でも、長年暮らす中で畳だけを新調したくなる機会もあることでしょう。DAIKENでは、なんとインターネットでお申込みいただくだけで、全国どこへでも、畳替え作業にお伺いするサービスをご提供しています。全国100以上の協力畳店が、あなたのお住まいの近くからすぐ、作業にお伺いします。あなたの町の畳屋さんだと思って、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。