健康に優しい!ダイケンの畳床

ダイケンの畳床が空気をきれいに!

ダイケンの畳床が空気をきれいに!

ダイケンの畳床は、天然の空気清浄機! 敷く事によりホルムアルデヒドの吸収分解が期待できます。ホルムアルデヒドは、接着剤や塗料として住宅や家具などに使用され、発がん性があるとも言われている、非常に怖い物質です。
そもそもダイケンの畳床は、デンプン系の接着剤を使用した木材繊維板であり、ホルムアルデヒド放出はほとんど心配ありません。しかし、室内には様々な材料から作られたドアや塗装、家具があります。そのすべてが、ホルムアルデヒド発散の心配がないわけではありません。部屋の喚起を疎かにすると、たちまち室内のホルムアルデヒド濃度は高まり、人体に悪影響を及ぼすのです。特に、リフォームや新築住宅、新しい家具を入れた際には、ホルムアルデヒド濃度が上昇しやすい傾向にあるようです。一度かかると環境を変えない限り症状は続き、治療費用も負担になっていくことでしょう。また、家族の中でも特に、家にいる時間の長い主婦と抵抗力の弱い子どもに影響を与えやすいようです。

大切な家族を守るためにも、空気中のホルムアルデヒドを分解吸収する効果がある、ダイケン畳へ張替えを検討してみませんか? 適度な換気も併せて行うことで、シックハウス症候群の予防に期待がもてます。

湿度コントロールと省エネに貢献

湿度コントロールと省エネに貢献するダイケン和紙畳

日本人は古くから、冷房を使用しなくとも涼しく過ごせる術を見いだしてきました。スイカやすだれ、打ち水、畳などがこれに当たります。ダイケンの畳は、敷くだけで室内の湿度をうまくコントロールし、高温多湿な日本の夏を快適に過ごすお手伝いをします。

その秘密は、畳床に含まれる防湿シートと、畳床の原料である木質繊維の吸放湿性能にあります。この2つの効果により、湿度が高まった際には急速に湿気を吸収し、反対に空気が乾燥した際には水分を放出してくれるのです。ジメジメした夏のために除湿器。カラカラした冬のために加湿器。ダイケン畳に張り替えれば、これらが不要になるかもしれません。

さらにダイケンの畳床は、省エネにも期待がもてる製品でもあります。建築材畳床の断熱性能は、稲わら畳床の2倍! 冬は床下からの冷気をシャットアウトし、夏は冷房の効き目を高めてくれます。
そのため、エアコンの使用回数が下がり電気代も節約可能です。

日本に古くから伝わる随筆集「徒然草」にて、吉田兼好(鎌倉時代の歌人・随筆家)はこう言っています。「家のつくりやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比わろき住宅は、堪へ難き事なり。」つまり、家作りは夏の暑さ対策を主に考えるべきだということです。さあ、ダイケンの畳を活用し、日本ならでは夏を快適に過ごしてみませんか?

「転倒防止」と「防音」に期待できます

防音・バイアフリーにもなるダイケン畳

ダイケンの畳は平な敷き面で、高齢者の転倒を防ぎます。平らな敷き面を可能にしたのが、厚さわずか15mmの畳床です。凸凹はほとんどなく、歩き心地も快適です。
高齢の方は足腰を悪くすると、みるみるうちに元気がなくなっていくと、介護中の方から聞くことがあります。その理由は、動けないことで楽しみを奪われてしまうからです。転んだだけで二度と自分の足で歩けなくなるなど、若い人達からしたら想像もつかないことでしょう。しかし、おじいちゃんおばあちゃんの体はそれほど弱くなってきているのです。高齢の方が安心して快適に生活できるよう、リスクは事前に取り除きましょう。 ダイケンの畳床は、フローリングの上に置いても段差がほぼありません。そのため、室内での転倒を予防することができます。また、室内で車椅子生活をされている方でも、段差に乗り上げて椅子ごと転倒するというリスクを軽減。快適・安心・安全に室内を移動することができるのです。

また、ダイケンの畳床は、防音にも効果を発揮します。
市営住宅などに住んでいて小さいお子さんがいる家庭では、階下・お隣に対して泣き声や振動が迷惑になっていないか気になりますよね。ホームセンターでも防音グッズが種類豊富に売られており、相場(値段)も安い物から高いものまで様々です。騒音対策には何をするのが一番効果的なのか、判断に悩んでしまいます…
そんな時は、清潔でオシャレなダイケン畳を、ぜひご検討ください。価格(値段)もお手頃で、張替えも簡単なので、お子様がいる過程でもスムーズに取り入れることができます。

いつまでも健康で、笑顔でいられること、これ以上の幸せはないでしょう。大切な家族の末永い幸せを願う畳、それがダイケンの畳なのです。