万能なダイケン畳

ダイケン畳とは

ダイケン畳

ダイケン畳とは、畳のもつあたたかでやさしい風合いを大切にしながら、従来のイ草おもてに比べ、傷や汚れに強く健康にも配慮した製品です。
畳表は、機械抄和紙を防汚加工し畳織したものを使用しており、畳床では、保護材・ダイケンタタミボード・軽量中芯たたみボード・防湿シートが標準構成となっています。

畳表はデザインやカラーも豊富な種類が用意されているため、フローリングとコーディネートしやすく、幅広い空間で畳の気持ちよさを楽しめます。和室だけなく、洋間の畳コーナーにも最適です。また、床暖房向けの製品もラインナップされているので、畳でも床暖房にもご対応いただけます。

ダイケン畳の主なシリーズには、「彩園」「綾波」「清流ちゅら」「清流」「銀白」等があり、織り方のバリエーションがそれぞれ異なっています。その部屋にどのタイプの畳を採用するかにより、和風さ、美しさ、斬新さ…などの印象は大きく異なっていきます。

【健やかくん】

大建工業「健やかくん」

大建工業「健やかくん」の畳表には、伝統的で一般的な天然のい草ではなく和紙が使用されています。とは言っても、和紙をそのまま使っているわけではなく、特別な加工を施すことで変色や褪色を抑え、長い期間鮮やかな色が続くように工夫されています。

「健やか畳」の畳床には、木の繊維を固めて作ったインシュレーションボードという材料を使用。畳はもともと断熱性に優れているという特徴がありますが、「健やかくん」はワラ床の2倍程度の断熱性があるため、熱が逃げにくく省エネにもつながり環境に優しい商品となっています。

また、ホルムアルデヒドを吸着・分解する性質もあるので、シックハウス症候群対策にも向いています。畳床は高温熱処理減菌済でダニやカビの発生を防げるため、アレルギーやアトピー性皮膚炎の方、ペットと一緒に暮らす方にもおススメです。

さらに、い草の畳と比較して水をはじきやすいため、飲み物などをこぼすことがあっても、お手入れ方法が簡単で、汚れにくくなっています。カラー和紙を使用したカラー畳、丈夫で傷つきにくいとこも大きな特徴です。

【ダイケンの置き畳(ユニット畳)】

ダイケンの置き畳

畳というと、和室の床の部分に敷きこまれていて、畳の表替えや畳替えを何年かに1度しなくてはならない…というイメージはありませんか? 畳の張替えや畳交換は大変だし、費用(料金)もかかるという理由から、近年の住宅では洋室が好まれる傾向にあります。

そんな畳の部屋が少なくなっている近年でも、気軽に畳のある生活を体験できるよう、ダイケンは置き畳(ユニット畳)も販売しています。床の上に置くだけで素敵な畳空間を作り出せるという便利な商品です。

2015年に発売された「ZIPANG ここち和座 置き敷きタイプ」は、820×820个寮喫形で、用途に合わせて置く枚数を調整でき、自由自在に畳生活の空間が作れると評判です。また、収納にも場所をとらないので、マンション住まいのお客様でも取扱いやすいところがポイント。

【ダイケンの琉球風畳】

琉球畳とは、沖縄の七島い草を使った畳ですが、その質感と細やかな編み目を和紙で再現したのが、ダイケンの琉球風畳表「清流ちゅら」。縁なし畳として、和室に敷きつめると上品で高級感のある雰囲気を演出できます。

ダイケン畳ができるまで

畳ができるまで

ダイケン畳はどのように作られているのでしょうか? ここではダイケン畳ができるまでの概要を、簡単にご紹介していきます。

畳床の材料となるタタミボードは、木材を取ることが出来ない端材などを活用した木質チップが原料。ダイケンには一日に100トン以上もの木質チップが運搬されてきます。届いた木のチップは蒸して細かく砕かれ、紙を漉くのと同じやり方でボードの形に整えられていきます。その後、約180℃で1時間から1時間半程度乾燥させると、大きな板材ができます。

そこから、畳加工サイズにカットしていき、いよいよ畳床の製造工程へ。畳加工サイズに切断されたボードを何枚か組み合わせ、機械で縫い合わせます。「健やかくん」の場合、縫着させるボードは4枚。こうして一日に500枚以上の畳床が製造されていきます。

そして畳表をつくるラインへ。畳表の原料である和紙をこより状にし、耐久加工したものを機械で織ると、畳表の原型ができます。そして、畳のサイズになるようにカット。この畳表と畳床を畳店にて組み合わせ、一枚の畳が完成します。

ダイケン畳をWEBでチェック!

ダイケン畳を販売

ダイケン畳の購入を検討する際、実物に見て触れて確かめるのが一番の参考にはなりますが、なかなか畳屋さんまで出向けない、近くに取扱販売店(取扱業者)を探すことができないという方は、ぜひWebを活用してダイケン畳に関連する情報を検索・確認してみて下さい。

「たたみ生活.com」
このウェブサイトでは、大建工業の会社概要からダイケン畳の詳細までを知ることができます。トップページ(トップ画面)を見ると、「畳おもての基礎知識」「コーディネート」「畳交換作業を頼む」「販売実績」のカテゴリーが設けられています。
「畳おもての基礎知識」では、和紙畳の性能やおすすめポイントについて説明されています。「コーディネート」では、部屋のタイプ、畳の色、縁あり畳または縁無し畳を選択していき、お気に入りのインテリアコーディネートを画像でシュミレーションできます。コーディネートした畳をそのまま買う事ができる通販ページ(楽天ショッピングのサイト)にリンクされているので、畳の価格(値段)もすぐに確認できます。リフォームや畳の交換を考えている方には便利な機能です。
その他、「畳の豆知識」「ECO」「ショールームガイド」「お問い合わせ」「資料請求」などのコンテンツも用意しています。【「たたみ生活.com」はこちら!

「健やかくんオンラインカタログ」
「健やかくん」のオンラインカタログでは、製品の詳しい特徴は勿論のこと、価格や品番のリスト、健やかおもてのメンテナンスのサポート体制、ECOについてなどが掲載されています。また、写真が大きく、数も多いので、ダイケン畳を敷いた空間のイメージが大きく広がっていくと思います。【「健やかくんオンラインカタログ」はこちら!