畳の歴史とその魅力

畳の歴史

日本で使われている敷物には中国伝来のものが多いなか、畳は日本固有の敷物です。その歴史は、「菅畳八重」や「皮畳八重」といった記述がある古事記からはじまったとされ、コモなどの敷物を重ねたようなものだったと言われています。現在の畳と同じような構造になったのは、平安時代。板敷に置いて座具や寝具の用途で使われており、使い手の身分によって畳の厚さ、へりの色や柄が違いました。

使い方が発展したのは、鎌倉時代から室町時代にかけて。書院造が誕生し、部屋全体に畳を敷きつめて使用するかたちになりました。身分が高い人やお客様のおもてなしの為のものだった畳が、建物の床材として採用されるようになったのです。そして、桃山時代から江戸時代にかけて数奇屋造や茶道が普及していくなか、少しずつ町人の住まいにも畳が敷かれるようになっていきます。江戸時代中期以降になると身分制限の風習は薄まり、一般庶民にも普及しました。畳師または畳屋と呼ばれる人たちが活躍し、あちこちの家で畳干しをする光景が見られるようになったのです。

畳の魅力と注意点

日本の住宅の西洋化が進んでいる昨今、和室は少なくなっているのかと思いきや、インテリアショップに行くと畳部屋とコーディネートする家具や雑貨がたくさん展示されていて、和室が見直されつつあることが伺えます。ここでは、そんな畳の「魅力やメリット」「注意点やデメリット」を紹介していきたいと思います。

畳の魅力・メリット
  • 安心感が得られる光の反射率
  • 人間は自分の皮膚と同じくらいの反射率の色を感じることで、安心感を覚えるという本能を持っているようです。畳による光の反射率は、日本人の皮膚色の反射率とほぼ同じ。このため、日本人は畳の部屋で安らぎを感じるのでしょう。

  • 防音効果がある
  • 畳には適度なクッション性があり衝撃を吸収するため、フローリングなどの床材と比べて、音がマンションやアパートの階下に伝わりにくいという特性があります。逆に畳からフローリングに変更すると防音性が低下することもあるため、和室から洋室にリフォームする際はこの点についての検討も必要です。

  • 調湿性に優れている
  • 畳には、空気中に水分が多い時には湿気を吸収し、乾燥している時には水分を放出するという機能があります。1年を通して、室内の湿度を快適に保ってくれるの素材が畳なのです。

畳の注意点・デメリット
  • 水分が染み込みやすい
  • い草の畳は水分を急激に吸い込みます。そのためコーヒーなどをこぼした際に、拭くのが遅くなると、シミや汚れになってしまう恐れがあります。

  • カビが生えやすくダニが発生しやすい
  • 部屋の空気の入れ替えを長期間やらなかった場合や、梅雨の時期には、畳にカビが生えてしまいます。さらに、そのカビを餌とするダニも発生しやすくなります。湿度が高い時期には、換気を頻繁にする必要があります。

  • メンテナンスが大変
  • い草の畳は、こまめなメンテナンスが必要。新調から3年〜5年程経つと、畳表が変色し傷みはじめます。畳は両面を使うことができるので、このような場合には「畳の裏返し」といって、畳表を引っ繰り返す作業をします。また、畳の表面のゴザ部分がささくれてきたり全体的に黒ずんできたりした場合、畳表と畳縁を新しいものに交換する「畳表替え」を行います。いずれも畳ならではのメンテナンス方法です。

課題を解決する、大建工業の畳

「畳のメリットは残し、デメリットはなるべく排除する」「現代の生活にマッチした畳文化を継承させたい」、このような想いで大建工業の畳は作られています。

大建工業の畳おもて「健やかおもて」に使われているのは、従来のい草ではなく機械すき和紙。畳ならではの風情はそのままに、い草が持つさまざまな課題を解決する製品です。
ダイケン畳は、ダニやカビの発生が極めて少ないため、アレルギー対策にも期待できます。また、ペットや子どもがひっかけてもささくれしにくく、傷つきにくいので、長い期間使うことができます。豊富なカラーラインナップ・幅広い織の種類(タイプ)・簡単なお手入れ方法も特徴です。

  • 清流
  • シンプルで繊細な織りが美しいカラー畳。驚くべきは豊富なカラー展開で、人気の13色に、2015年1月には2色が追加。斬新な色の畳が、見慣れた和室をモダンに生まれ変わらせます。縁がある一般的な畳のほか、縁無し畳にも対応致します。

  • 清流ストライプ
  • めずらしいツートンカラーの和紙畳。そのデザインは、リビングなどの空間をぐっと高級感あるものにしてくれます。一度触れたらきっとお気に入りになることでしょう。

  • 清流ちゅら
  • 琉球畳とは沖縄の七島イが用いられた畳のことですが、その伝統の質感を再現したのが「清流ちゅら」。ダイケンが誇る琉球風畳です。縁なし畳向けなので、現代風な和室の演出にピッタリと評判。こちらもこだわりのカラー和紙を使っており、銀白色・黄金色から選べます。

  • ZIPANG ここち和座 置き敷きタイプ
  • 置き畳(ユニット畳)なので、マットのように今あるお部屋に置くだけでOK! 畳交換作業も必要なく、畳替えの煩わしさからも解放されます。手間をかけずに畳の和風空間を楽しみたい方には最適の商品。一畳だけでも全体的にでも、気分に合わせて楽しむことができます。

ダイケン畳の購入方法

このように魅力たっぷりのダイケン畳を購入するには、下記の方法があります。

たたみ生活通販部
http://www.shop.tatamilife.com(このWEBサイト)
大建工業が運営するオンラインのショッピングサイト。畳の価格や品番が見やすく、シリーズ別に表示されています。また、表替えや新調入れ替えの詳細な費用も知ることができます。畳張替えを考えている方や、畳の値段が気になる方はぜひご覧ください。ダイケン畳の無料サンプル(カタログ)を請求することや、不明な点をメールで問い合わせることもできます。

ダイケンウェブショップ楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/daiken-shop/c/0000000192/
普段から楽天市場を利用していてそのシステムに慣れている方は、このページから畳を購入することもできます。トップページにある「ダイケン畳が選ばれる理由BEST3」「ショールームガイド」などのコンテンツを読むと、畳に関する知識もぐっと増えるでしょう。また、畳交換のタイミングがわからないという方にも、参考となる基礎情報が掲載されています。