畳床ごと変えてしまえば、夏も冬も快適♪

2016年9月15日

まいママです!

9月24日は畳の日♪
って何でなんでしょう??

なんと、9月24日は「清掃の日」だからなんだそうです。
さらに、この週は「環境衛生週間」だとか。

お掃除しなくちゃです(^0^)

パート先の和田さんによると
「いつもきれいにするためには、全部の物の置き場が決まってるのも大切だけど、物が無いのが一番なのよ」

ですよね〜(;;)
と、いいつつ、和田さんも大学生の息子さんが散らかしまくって困っているとか。

そんな和田さん、冬に備えて畳を畳床ごと変えちゃおうかと思い始めたそうです。

なんで畳床?

畳床、というのは畳の土台です。木材でできていて、その上に畳部分、畳表を張っているのです。
あぁ、畳って基本が二重床みたいなものなんですね(*^^*)

「だから、畳床って大切なのよ!! 日本は湿気が多いでしょ、畳は夏は嫌な湿気を吸収してくれるから涼しくて、冬は下からの冷気をシャットアウトしてくれるの」

和田さんもすごいけど、畳ってすごいっていうか、賢いというか、あ、日本人がすごい?(^^;)

ダイケンの畳床は木材を繊維にして作った畳ボードだけでできています。木材だけなので、リサイクルできるし、適度なクッションも心地良いんです。
安い畳床はポリスチレンフォームを挟んでいるので、早くへたってしまうとか。

畳床ごと変えてしまえば、夏も冬も快適♪
そして、20年は持っちゃいます。すごいっ!!

9月27日まで畳替全品15%オフ!
http://www.shop.tatamilife.com/