高級ホテルに「和のくつろぎ」を感じる新客室棟

2017年5月27日

軽井沢の高級ホテルに「和のくつろぎ」を感じる新客室棟がオープン

こんにちは、マリコです(^^)

テレビを見ていると、そろそろ夏休み向けの航空券や、格安旅行のCMを見かけます。
早い人は、もう夏休みの旅行の計画を立て始めているかも(^^)?
わたしも、涼しい高原などに行って爽やかなくつろぎの時間を過ごしたいです〜!
たとえば……軽井沢とか!

軽井沢はただいま、外国人にも人気急上昇中。
東京から車で2時間ほどかかる、長野県にありますが、
日本を代表する避暑地、リゾート地として有名です。

寺院や城など、歴史的建物の探訪。
温泉、豊かな自然の中でのアウトドアアクティビティ、冬はスキーやスノーボード。
軽井沢には、避暑地・観光地としてのさまざまな魅力が詰まっていて、近年、外国人観光客が殺到しています。

そんな外国人人気を受けて、軽井沢にあるラグジュアリーホテルが「和のくつろぎ空間」を完備してリニューアル。「軽井沢マリオットホテル」では2017年7月に新たな客室棟をオープンするそうです。

新客室からは、緑豊かな森を一望。
「軽井沢の森の暮らし」をイメージしてデザインされているそうです。
室内には畳のリビングスペースがあり、日本らしいくつろぎのひとときを存分に味わうことができます。
そして、各部屋には森に囲まれながらの入浴を楽しめるバスルームも!
プレミアルームには、露天風呂もあります!

最近、外国人観光客の間では「日本滞在時には、日本らしい畳の部屋で過ごしたい」と考える人も増えているといいます。
そんな外国人の視点から、改めて日本の各地で進む、畳の導入、和を感じるくつろぎ空間の再整備。

国内旅行の際には、ぜひそんな「畳」のくつろぎ空間にも注目してみませんか。