畳の間にこたつを並べた列車!?

2014年12月17日

間もなく12月20日に、東京駅が開業100周年の記念日を迎えることをご存じですか?この記念すべき節目に、東京駅ではさまざまなイベントが開催され、多くの人々の関心を集めています。12月10日の「鉄道の日」には、普段入ることのできない「東京駅社員食堂」が一般開放され、大行列ができたそうです。「懐かしの食堂車のカレー」「懐かしの駅食堂のハンバーグ定食」など、聞いただけでも興味をそそるメニューの数々。12月20日・21日には再び、一般開放されるということで、再び多くの人出が予想されます。

 鉄道といえば、客席が畳の間になった「お座敷列車」というものも存在しますね。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の劇中にも登場しました。ヒロインが地域の人々とともに、お座敷列車で楽しく宴会をしているシーンを思い出す人も多いかもしれません。この「お座敷列車」、ドラマのモデルとなった三陸鉄道で、実際に運行しています。今の時期は、畳の上に掘りごたつを並べた「こたつ列車」として運行しているそうですよ。お正月休みに、「こたつ列車」でのんびりと旅を楽しむのも良いかもしれません。

 ご自宅には畳の部屋がないけれど、手軽に「お座敷」気分を楽しみたい方にはDAIKENの「置き畳」がオススメです。DAIKENの置き畳は、正方形で縁のない「琉球風畳」。色あせもなく耐久性に富み、カラーバリエーションが豊富でなんと全13色もあります。縁のないカラー畳は、モダンな和空間づくりも演出してくれますよ。現代の暮らしに即したまったく新しい畳として、自信を持ってお勧めします!