定番アニメの主人公は、畳の部屋で暮らしている?

2015年2月12日

 今どきの住まいは、昔と比べて畳の空間、つまり和室が減って、洋室が増えている傾向にあります。これ実は、テレビアニメの世界にも反映されているんですよ。例えば「ドラえもん」に登場するのび太君のお部屋。昔のテレビ放送時には和室だったのですが、最近の放送では洋室になっているそうなんです。アニメも細かなところに時代を映し出しているものなんですね。

 「ドラえもん」といえば、映画版シリーズが今年35周年を迎えます。これを記念して、2月17日から3月13日の期間限定で、東京都内のCD店に「ドラえもんカフェ」がオープンするそうですよ。カフェメニューには、ドラえもんの顔になるようお皿に盛り付けたカレーライスやケーキ、ドラえもんの顔をプリントしたどら焼き、ドラえもんのイメージカラーである水色・赤・白を取り入れたシュワシュワの炭酸ドリンクなどがあり、アニメの世界観をたっぷりと堪能できそうです。夢いっぱいの世界に、子どもだけでなく、大人も思わず笑顔になれそうですね。

 アニメや映画、ドラマを見る際に、登場人物の部屋の間取りやつくりなどに注目しながら見ると、面白さもまたより一層深まるかもしれません。ご自宅のお部屋の見直しや、プチリフォームをしたいと考えている方はぜひ、DAIKENに畳替え作業をご依頼ください。インターネットでお申込みいただくだけで、日本全国どこへでもお伺いします!お部屋の雰囲気をガラリと変えたい方にはDAIKEN自慢の「カラー畳」がオススメです。優しい色、モダンな色、斬新な色など全13色ものカラーバリエーションがあり、他のお部屋や壁紙の色とコーディネートすることで、空間を広く見せたり、明るく見せる効果もありますよ。