畳の上で、ご飯を食べながらダイエット!?

2015年2月24日

 2月もそろそろ終わりが近づき、だんだんと厳しい寒さが緩んできたような気もします。街の百貨店やショッピングモールなどへ出かけると、店頭にはもう、春物のお洋服が並んでいますね。明るいカラー、軽やかな春服で出かける季節が待ち遠しいですが、薄着の時期になるとダイエットが気になる、という方もいるのではないでしょうか。ダイエットにはお米、麺類、パンといった炭水化物は「大敵」と言われることも多く、食べ過ぎは禁物……と考えがちですが、最近、驚きのダイエット方法が注目を集めていることをご存じでしょうか?

 それはズバリ、「おにぎりダイエット」というもの。これまでの「炭水化物はダイエットにNG」という発想からすると、かなり意外な印象を受けますが、最近、人気アイドルやタレント、ミュージシャンたちもこのダイエット法を実践しているということで、大きな話題を呼んでいます。「おにぎりダイエット」は、長く続けるダイエット方法ではなく、太り気味の方が3週間を目安に、食事をおにぎり中心に絞り、短期間で体質改善を目指そう、というものです。おにぎりは朝1個、昼2個、夜1個食べるのが目安です。おかずは、野菜を中心に。サラダなどを食べるにしても、調味料は油分の多いドレッシングやマヨネーズは控えて、ポン酢などでいただきます。味噌汁も食べてよいのですが、こちらもやはり野菜中心で。いわば、昔ながらの質素な和食を意識して続ける、というスタイルです。この方法で、5%の減量は期待できるそう。体重55キロの人なら3週間で2〜3キロ落とせることになりますから、人から見たら「スリムに引き締まったね」という印象になれそうです。

 昔から日本人にとって身近な食べ物であったおにぎり。大好きなお米を1日3食、しっかりと食べながらダイエット効果が期待できるなんて、この方法なら誰でも試してみることができそうに思いませんか?質素な和の食事をじっくりと味わうひとときには、やはり畳の空間が似合います。清潔な畳の上に姿勢よく座り、お米や野菜など自然の恵みひとつひとつに感謝する気持ちで向き合って、よく噛んでいただけば、たとえ少ない量の献立であっても「足るを知る」という落ち着いた心持ちになれるかもしれません。ご自宅の畳が古くなっていて見直したい、という方は、ぜひ私たちDAIKENへお申し付けくださいませ。インターネットでお申込みいただくだけで、全国どこへでも畳替え作業にお伺いしますよ。